【遊戯王】2018年版!ガガギゴの物語#2【イラストストーリー】

この記事はパート2です。

パート1はこちらからどうぞ
【遊戯王】2018年版!ガガギゴの物語#1【イラストストーリー】

力に溺れるガガギゴ

先の戦闘の代償としてガガギゴは大きなダメージを受け倒れてしまう。
しかし、先の攻防でガガギゴの才能を感じ取った暗黒の侵略者は、ガガギゴを生かしたまま持ち帰る。

血の刻印

切り込み隊長は負傷しながらもガガギゴ奪還の為、跡を追うが、ジェノサイド・キング・デーモンに足止めを食らい左目に傷を負ってしまうのだった。

生贄の祭壇

一方、悪魔達のテリトリーにある万魔殿に安置されたガガギゴだったが、やがてある人物が現れる。

コザッキー

それは暗黒の侵略者の協力者でもあり、悪魔の研究者でもあるコザッキー。
彼は自分の実験を実証するためにガガギゴをマウスとして利用し始めるのだった。

レベル変換実験室

ガガギゴを研究所に持ち込んだコザッキーはさっそく実験を開始。
ガガギゴの中にある「力を求める想い」を増幅し、凶暴な兵器へと改造していく。

ギガ・ガガギゴ

そしてガガギゴは心を失った兵器、ギガ・ガガギゴとして生まれ変わったのだった。

実験の成功を喜ぶコザッキーだったが、それもつかの間・・・
想定を遥かに上回るパワー・凶暴性を持ったギガ・ガガギゴは暴走し研究所を破壊し始めたのだった。

成功確率0%

実は、研究仲間である魔導サイエンティストはこの改造実験の成功確率は0%であるとコザッキーに忠告していたのだが・・・

オーバースペック

コザッキーもここまで来て、ようやく自分の手に負えるものではないと判断。

強制脱出装置

研究所を守るためギガ・ガガギゴを強制排除したのだった。

戦友・好敵手との再会

反撃の毒牙

こうして野に放たれたギガ・ガガギゴは、寝食もなくただ暴走し戦いに明け暮れる。

そして更なる標的を求め、次なる獲物となるであろう一個小隊を視認するのだが・・・

何の因果か、なんとそれはフリード、切り込み隊長が率いる部隊であった。

戦友の誓い

記憶を無くしたギガ・ガガギゴは切り込み隊長に猛然と襲い掛かる。
必死に制止を呼びかける切り込み隊長だったが、その声はギガ・ガガギゴに届くことはなかった。

ドレインシールド

ギガ・ガガギゴの状態に異変を察したフリードは、咄嗟に盾を構えギガ・ガガギゴの攻撃をはじき返す。

デスカウンター

そして、ついには跳ね返った自分の攻撃で傷を負ってしまう。

次元の歪み

痛みに体を引きずるギガ・ガガギゴは幸か不幸か再び現れた次元の裂け目によって、またもや別の地点に飛ばされてしまうのだった。

モンスターゲート

次元の裂け目から抜け出し降り立った場所でも、ギガ・ガガギゴは戦い続けた。

暴走の果てに・・・

ゴギガ・ガガギゴ

やがて精神が崩壊しようとも、それでもなお力を求める彼はゴギガ・ガガギゴと呼ばれるようになり、ただ戦い続ける化け物と化し、目に見えるもの全てを破壊していったのだった。

好敵手の記憶

かつて自分を苦しめた18と暗黒の侵略者を蹂躙し、それでもなお暴れ続けるゴギガ・ガガギゴ。

その情報を聞きつけ駆け付けたフリード達は、僅かな可能性を信じ、傷付きながらも懸命に呼びかけ・・・

ついにゴギガ・ガガギゴの胸に好敵手・戦友の言葉が突き刺さる!!

そして・・・

覚醒の勇士 ガガギゴ

覚醒の勇士 ガガギゴが誕生した。
本当の強さと正義の心は長い時を経てついに目覚めるのだった。

運命に翻弄され続けたガガギゴの長い旅は終わった。

終わるはずだった。

次元障壁

つづく。

まとめ

という訳で、中途半端になりましたが現状では物語はここまでとなっています。
今後どうなるのか楽しみではありますが、エリアとの関係について掘り下げていってくれればな、と個人的には思っております。

一応続きとして、作中の疑問点・曖昧な部分についてこちらで解説してます!

YouTubeでもセリフ付きでやってるのでよろしければどうぞ~