【遊戯王】禁じられた聖女の物語【イラストストーリー】

こんにちは、トリビア(@yugioh_trivia)です。
やっちゃ駄目!と言われると余計にやりたくなりますよね。人間って脳科学的にそういう風にできてるらしいです。

禁じられた〇〇シリーズに登場する聖女の物語を紹介します。
汎用速攻魔法としてシリーズ化されていたこのカード群ですが、実は元祖カウンター罠の神の〇〇シリーズと関連しています。神の〇〇シリーズの神様は堕天使とも関連しているようで、複数の世界が繋がっていく様は中々面白いです。

禁忌を犯した聖女はどうなるのでしょうか?

神々の住む楽園

神の宣告

神様「宝物庫には決して入ってはならん!あそこに立ち入ったものは皆不幸に見舞われておる。お前たちも近づいてはならんぞ!」

聖女達「はい、神よ。重々承知しております。」

「・・・・・」

何度も聞いた神の言葉。
彼女は自分のしていることが決して許されないということを、はっきりと自覚していた。
自分は神に背き、禁忌を犯している。

そう、彼女は宝物庫に足を踏み入れ、あろうことか決して触れてはならない宝具を物色していたのだ。

禁忌を犯す聖女は…

禁じられた聖杯

最初は禁じられた聖杯だった。
宝具の力に誘われるまま聖杯に口を付けたその瞬間、彼女の身体に今まで味わったことのない愉悦が駆け巡った。その時から彼女は自分をコントロール出来なくなってしまう。

禁じられた聖槍

彼女の罪は加速する。
再び宝物庫に忍び込んだ彼女は、あらゆる魔力を断ち切るといわれる禁じられた聖槍を持ち出す。聖杯に負ける劣らぬのその力に魅せられ、いつしか彼女の中に禁忌を犯しているという感覚は抜け落ち始めた。

神の警告

神様「今一度言う。宝物庫に近づいてはならんぞ!」

宝物庫に何者かが侵入していることに気づいた神は今一度聖女達に警告を発するが・・・

禁じられた聖衣

数日と立たぬ間に、宝物庫に彼女の姿はあった。
破壊の力を寄せ付けず、纏うものを災厄から遠ざけるとされる禁じられた聖衣までもをその手にしていた。

しかし、これほどまで連続して宝物庫に忍び込めば嫌でも誰なのかははっきりしてくる。

神の忠告

神様「何故呼び出されたか言わずとも分かっておろう。このようなことは決して許されぬ!次はない、よいな?」

聖女「はい、神よ。この身に誓ってお約束致します」

本来であれば決して許される罪ではなかったが、神は彼女に忠告を言い渡しこの一件をひとまずは不問とすることにした。

しかし数日の後・・・

禁じられた聖典

そこには、宝物庫で宝具を物色する彼女の姿があった。
その手の中には、神が記した預言書であり世界で崇められる聖なる書の原典ともいうべき禁じられた聖典があった。

さらに単に油断したのか、はたまた宝具の力の前に冷静な判断をするだけの思考力が残っていなかったのか、致命的なミスを犯してしまう。

彼女の背後に見える影。
そう、彼女は背後で監視する神の存在に気づかなかった。

弁解の余地はなかった。

そして、聖女は堕ちる

裁きの天秤

神様「この天秤がお前の罪を裁く・・覚悟は良いな?」

神の通告

彼女はついに神によってその罪を咎められることになる。
神の怒りはすさまじく彼女はその身を堕とされ、神の住まう”楽園”から追放されることとなったのだ。

失楽の聖女

彼女には、もう天界にいた頃の清らかな姿は見る影もない。
宝具に触れたことでその身に宿った神の力が消えるまで許されることは無く、地上をさまよい続ける。

失楽の魔女

それから果てしなく長い年月が経過し、神の力を失った彼女は聖女から魔女へと変貌を遂げていた。

魔女の一撃

そして彼女は神に牙を向く・・・

※2018/11/23、新規で失楽の堕天使が登場!現在考察中です!

今後の展開は?

速攻魔法の禁じられた〇〇シリーズとカウンター罠の神の〇〇シリーズが合わさって一つの物語になっているという、結構珍しい構成になっています。
失楽の聖女にて物語は終わったかに思いましたが、新たに失楽の魔女・魔女の一撃が登場しこれからまだまだ進展していきそうですね。
神に戦いを挑んだ魔女の運命や如何に!?

もし面白い!と思ってくれた方はSNSボタンでシェアよろしくお願いしますm(_ _)m




コメント

  1. 智月 龍狼 より:

    「失楽の魔女」というモンスターが居まして…どうやら彼女、「禁じられた」物達に諦めて無いようです…

  2. たろ より:

    失落の聖女の後日談?で失落の魔女つーモンスターいますよー