【遊戯王】#2冥界の魔王ハ・デスと深淵の冥王の物語・考察【イラストストーリー】

【遊戯王】#1冥界の魔王ハ・デスと深淵の冥王の物語・考察【イラストストーリー】

の続きです。

万能地雷グレイモヤ

爆発と共に勝負は決した。そこには2つの屍があるだけだった。
深淵の冥王はハ・デスを道連れに自らの復讐を完了し、長きにわたる因縁にも終止符が打たれた。

と思われたが・・・・

死してなおハ・デスは・・・

冥界の魔王ハ・デス

肉体は朽ち果てても、ハ・デスの魂はまだ消えることなく彷徨っていた。
もう一度王座に着き、権力のままあらゆるものを支配するあの快感・愉悦を再び味わいたい。
そんな執念、いや怨念をハ・デスは死してなお渇望していたのだ。

そして・・・

蘇りし魔王ハ・デス

冥界中に響き渡る雄たけびと共に、ハ・デスは復活を果たす。
肉体は滅びようとも、己の欲望を満たすため”死”すら凌駕したのだった。

そして深淵の冥王も・・・

冥界の番人

そんな中、ハ・デス復活の知らせを聞いた反ハ・デス派の冥界の番人は絶句。
あの地獄のような支配から逃れる為には、再びハ・デスの息の根を止めるしかないと思案を巡らせ、ある計画を思い付く。

冥界の番人「眼には眼を、歯には歯を・・・これしかない!」

リジェクト・リボーン

入念な準備を経てついに計画を決行する時が来た。
ハ・デスを言葉巧みにおびき出し、冥界の番人は呪文を唱え始める。それは蘇生術だった。
冥界の番人が差し向けた刺客が地の底から、うなり声を上げ現れる。

強化蘇生

深淵の冥王、復活!
再びハ・デスを葬ることが出来るのは、一度ハ・デスと刺し違えた彼のほかにはいない。
深淵の冥王を差し向けることが冥界の番人の策略だったのだ。

死から蘇っても彼らの戦いは続く。
立場や思惑など関係ない、ただどちらかが息絶えるまで・・・

因縁の戦い再び!

デストラクト・ポーション

先制したのはハ・デス。
深淵の冥王の背後を取り、身動きを封じて渾身の一撃を与える。

ソウルドレイン

しかし冥界の番人の強化蘇生によって全盛期の力を取り戻した深淵の冥王は、すぐさま反撃に出る。
ハ・デスの魂の力を抜き出す。

メンタルドレイン

なんと皮肉にも、生前やったことをそのままやり返されてしまうハ・デス。
形成は逆転してしまう。

スキル・プリズナー

苦し紛れの攻撃を放つハ・デスだったが、力を奪われ明らかにパワーがない。
悲しいことに自分の魂を盾にされてしまうのだった。

フェイク・ライフ

(※アニメオリジナルカード)

このまま深淵の冥王が勝利するのかと思われたが、一度命を落としアンデット化したハ・デスは新たな力を身に着けていた。

波動再生/アンデット・スカル・デーモン

それは死者をアンデット化して操る能力。
ハ・デスの声に呼応して、アンデット化したモンスターが現れる。

デーモンの呼び声/戦慄の凶皇ージェネシス・デーモン

(※ジェネシス・デーモンがアンデット化していると思われる)

ジェネシス・デーモンに鷲掴みにされ、完全に不意を突かれた深淵の冥王。
一進一退の攻防が続く。果たして勝利を手にするのは・・・・・

つづく

新カード、深淵の宣告者が登場しました!現在考察中!

今後の展開は?

ちょうどいいところで終わってしまいました。
冥界の魔王ハ・デスと深淵の冥王の物語は現在進行中で、未だ勝敗はついていません。一度死んで蘇った先でも戦うというのはまさに因縁というかライバルという感じがしてなんだかかっこいいですよね!(OCG基準だとハ・デスの圧勝なんですが・・・)

ところで、時系列を判断する上でハ・デスの角が重要な役割を果たしていることはご存知でしょうか?
実は生前の冥界の魔王ハ・デス時代には2本ある角が、ヘイト・バスターで爆破してしまいアンデット化した蘇りし魔王ハ・デスでは片方折れて1本になっているんです。

つまり、イラスト上のこの角の有無を見ることでどの時期の出来事なのかをある程度把握することが出来る訳です。なのでドレイン系3種は一見連続した一続きのイラストに見えますが、実はスキルドレインだけ生前の事実ということを判断できます。公式上ではスキルドレインがどのような状況を描いたのかは公表されていませんので、本編での説明はあくまで私個人の一見解でしかない訳ですが、こうしてイラストを手掛かりとして時系列を整理して物語を補完していけるのは面白い部分だと思います。
イラストレーターの方がそういった所まで、見越してイラストを作成されていると思うと本当に脱帽です・・・(同時に感謝!)

(※ちなみに本編では、トラスト・マインドと悪魔の憑代の2枚は登場させませんでした。これはおそらくストーリーを意識したものではなく、OCGの効果を意識したものではないかと考えたためです。)

もし面白い!と思ってくれた方はSNSボタンでシェアよろしくお願いしますm(_ _)m